MBA式面接プレゼン術

MBA式面接プレゼン術

販売価格: 1,760円(税込)

在庫数 3点
数量:
フォーチュン100社をはじめとするトップ企業のリクルーター、ヘッドハンター、キャリア・カウンセラーが明かす、MBAホルダーが実践している自分を“欲しい”と思わせる面接プレゼン術を、一挙紹介。  
「面接プレゼン力」ですべてが決まる!

IBM、P&G、JPモルガン・チェース、
アメリカン・エキスプレス、
シスコシステムズ、
インテル、ルーセント・テクノロジー
プライスウォーターハウスクーパース、
ゴールドマン・サックス、マッキンゼー、
モルガン・スタンレー...

フォーチュン100社をはじめとするトップ企業のリクルーター、ヘッドハンター、キャリア・カウンセラーが明かす、MBAホルダーが実践している“欲しい”と思わせる面接プレゼン術を一挙紹介。
[著者]
シェル・リアン(Shel Leanne)
フォーチュン100社で専門的な戦略アドバイザー、キャリア・カウンセラーを務める。また、ハーバード、ウォートン、コロンビア、コーネル、エール、MITなど、数多くのMBA学生のために、面接ワークショップを行ない、一流企業への内定者を排出しつづけている。

[訳者]
朝尾 直太(あさお・なおた)1966年生まれ。東京大学文学部(社会学)卒業。中央大学大学院総合政策研究科博士前期(修士)課程修了。有限会社デモクラフト取締役社長。株式会社エンライト取締役。コンサルタント&ファシリテーターとして、経営・起業分野の企業研修プログラムの開発・運営を行っている。訳書に、『IBMを世界的企業にしたワトソンJr.の言葉』(英治出版)『財政学と公共選択』(勁草書房、共訳)がある。
目次を見る

PART 1 トップMBAの面接プレゼン術

― 「事前面接」で “採用したい” と思わせる技術
― 受け答えのレベルがアップする「面接準備のポイント」
― “ぜったい会いたい!”と思わせる「履歴書の書き方」
― これまでの経験を “魅力的” に見せる「答え方」
ほか

PART 2 答えにくい質問への答え方 〈33の質問と答え〉

― 履歴書についての質問
― キャリア上の目標についての質問
― 資質についての質問
― リーダーシップについての質問
ほか

商品仕様

著者 シェル・リアン
訳者 朝尾直太
サイズ・製本 A5判ソフトカバー
ページ数 224
発売日 2005/9/4
ISBN 9784901234696