争いのなき国と国なれ――日韓を詠んだ歌人・孫戸妍の生涯

争いのなき国と国なれ――日韓を詠んだ歌人・孫戸妍の生涯

販売価格: 1,650円(税込)

在庫数 3点
数量:
「家族を愛し、祖国を愛し、共に歩んだ日本を愛しました。」 日本と韓国。二つの祖国の友好と、人生の本質を歌い上げた女流歌人ソン・ホヨンの生涯を描く、感動のノンフィクション  
激動する歴史と流転する運命。韓国人女性が和歌で語った人生と時代。

東京に留学中、日本語の美しさに魅了され、和歌を読むようになった韓国人女性、ソン・ホヨン。その歌は日韓両国で評価されてきました。

しかし、彼女の生涯は、歓びと苦難にも満ちたものでした。日本による朝鮮支配、独立後の国家再建、半島を二分し、父を奪った朝鮮動乱。流浪の日々を乗り越えた後に訪れた、最愛の夫の死。激動する歴史の波と、過酷な運命。ホヨンはそれを、歌を詠むことで乗り越えていきます。

人生の悲哀と幸福、時代への切実な祈り--珠玉の和歌の数々とその生涯の軌跡が、人生の本質に触れるノンフィクション感動作がここに。
[著者]
北出明(きたで・あきら)
1944年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。1966年慶應義塾大学文学部仏文学科卒、国際観光振興会(JNTO)に就職。同会のジュネーブ事務所(73〜77年)、ダラス事務所(80~85年)、京都案内所(90〜93年)、ソウル事務所(93年〜98年)に勤務。2004年JNTO退職。ソウル事務所駐在中、孫戸妍女史の知遇を得る。
目次を見る

第1章 歌人生の序曲
第2章 独立と動乱の日々
第3章 動乱後、幸せな日々
第4章 かりそめに目を閉ぢたまひしや
第5章 栄光の日々
第6章 最後の日々と別れ
追録1 四国アリラン峠の歌碑
追録2 もう一人の歌人
追録3 亡き君へ

商品仕様

著者 北出明
サイズ・製本 四六判ハードカバー
ページ数 224
発売日 2005/11/17
ISBN 9784901234757