地域をプロデュースする仕事

地域をプロデュースする仕事

販売価格: 1,870円(税込)

在庫数 10点
数量:
主役はいつも地元の人!――20年にわたり日本各地のまちおこしプロジェクトに関わってきた著者が語る、成果を出すための姿勢とスキル。地域を元気にしたい人、必読! まちおこしのリアルがここにある。  
20年以上、地域振興に関わってきた著者が考える、これからの地域再生のカギとなる存在=「地域プロデューサー」。その役回りと仕事内容を、著者が関わってきた「島根県海士町のさざえカレー」「高知県の目指せ!弥太郎 商人塾」など、6つのプロジェクトを詳細に振り返りながら紹介。
地元企業、行政、学生、NPO……、自分のまちを元気にしたい人、必見! 美談じゃない、「まちおこしのリアル」がここにある。
[著者]
玉沖仁美(たまおき・ひとみ)株式会社紡つむぎ代表取締役
幼稚園教諭を経て1988年にリクルート入社。就職情報誌事業部を経て地域活性部にて、日本各地のモノづくり・観光事業・人材育成事業等、地域コンサル事業に携わる。初代沖縄支局長を経て沖縄県に出向し、沖縄県キャリアセンターの立ち上げに従事。リクルートに戻り、じゃらんリサーチセンター初代センター長に。独立後は、地域産品開発をテーマとした人材育成事業、地域資源を活かした地域産品や観光事業の開発を手掛ける。現在も日本各地に出張に飛び回る日々を送る。今後は、日本の農産物をテーマとした商品開発や海外展開を目指す。内閣府、総務省、農林水産省、経済産業省ほか、地方自治体の委員を多数務める。
目次を見る1 地域振興の課題と地域プロデューサーの役割
2 大失敗を超えて生まれたヒット商品―島根県海士町「さざえカレー」プロジェクト
3 全国23の半島行脚で知った地域の底力―旧国土庁「半島地域交流条件整備モデル事業」
4 柔軟な方向転換で成果を生む―沖縄県座間味村「インカのめざめ」&「エコツーリズム」プロジェクト
5 ヨソ者だからできること―沖縄県国頭村「国頭ツーリズム協会」プロジェクト
6 任せて育てる人づくり―沖縄県「沖縄県キャリアセンター」プロジェクト
7 座学と実践で磨く産品開発―三重県「三重ブランドアカデミー」と高知県「目指せ!弥太郎商人塾」
8 地域をプロデュースする「姿勢」と「スキル」
おわりに 幼稚園とリクルートで学んだこと

商品仕様

玉沖仁美
サイズ・製本 四六判ソフトカバー
発売日 2012/10/18
ISBN 9784862761330