問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術

問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術

販売価格: 2,420円(税込)

お取り扱い中
数量:
「問題解決」とは、あらゆる場面で使える普遍的な「仕事の進め方」。トヨタやソニーをはじめ各社が続々導入する人気講座を一冊に凝縮。「現場で使える」に徹底的にこだわった、必修スキルの決定版テキスト。  
「現場で使える」思考の技術・実行の作法。
ビジネスとは問題解決の連続だ。その考え方を知らなければ、無益な「目先のモグラたたき」を繰り返すことになってしまう――。
日々の業務から経営改革まで、あらゆる場面で確実に活きる必修ビジネススキルの決定版テキスト。

トヨタ、ソニー、三菱商事など各社で続々導入! 年間2万人が学ぶ人気講座を一冊に凝縮!


■業種・業界・立場を問わず使える普遍的なビジネススキル
「問題解決」とは、すべてのビジネスの現場で日々必要とされる普遍的な「仕事の進め方」です。このスキルを身につけることで、仕事の効率やインパクトを大きく高めることができるでしょう。

■問題解決の「手順」を明確に体系化
本書の目的は「わかる」ではなく「できる」こと。単なる知識の付与でなく、読者の皆さんがそれぞれの現場で問題解決を実践し、人が動き、組織が動き、ビジネスがうまく進むことが目標です。
多くの企業研修での経験を踏まえ、つまづきやすいポイントを丁寧に解説。「現場で使える」に徹底的にこだわっています。

■見過ごされがちな「問題を特定する力」を重点解説
起こった問題への対処だけでなく、自ら問題を見出し課題を設定するための方法論も充実。
「机上の空論」「無駄な対策」を避け、「本当の問題」を見極めるスキルを伝えます。

■「現場で使う」ためのこだわりの構成
問題解決の手順に即してステップごとに全7章で構成。各章は「ストーリー」「解説」「まとめ」で構成。
各章の実例を踏まえた事例「ストーリー」で現場をリアルにイメージした問題解決の実感をつかみ、「解説」で問題解決のプロセスを整理して理解、「まとめ」で要点をしっかりと定着させることができます。

ベストセラー『ロジカル・プレゼンテーション』著者の最新刊!

<構成>
第1章 問題解決の手順・・・問題に直面したとき、どう考えるべきか?
第2章 問題の特定・・・どこに問題があるのかを絞り込む方法?
第3章 原因の追究・・・なぜ問題が発生するのか、広く深く検討する方法?
第4章 課題の設定・・・高い問題意識をもって<あるべき姿>を構築する方法?
第5章 対策の立案・・・発生した問題、設定した課題について、対策の立て方?
第6章 対策の実行・・・着実に立案した対策を推進するうえでのポイント?
第7章 結果と定着化・・・対策実行後に結果を評価し定着させる方法
[著者]
高田貴久(たかだ・たかひさ)
株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズ創業者CEO
1973 年生まれ。東京大学理科I類中退、京都大学法学部卒業。1998 年に戦略系コンサルティングファームのアーサー・D・リトルに入社。製造業を中心に、全社・事業・R&Dを始めとする各種戦略立案から、業務プロセス・人事制度・組織風土改革に至るまで、幅広い経営課題の解決を手掛ける。同社で採用担当、教育研修担当を務めたのち、2002 年にマブチモーター株式会社に入社。社長付 兼 事業基盤改革推進本部 本部長補佐として、企業変革に従事。その後、ボストン・コンサルティング・グループを経て、2006 年に株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズを設立。ビジネススキルの体系化と普及を掲げ、企業の発展と個人の成長に尽力。著書に『ロジカル・プレゼンテーション』(英治出版)。個人活動では、就職活動ポータルサイト「外資コンサル.com」を運営。アカデミーヒルズ、早稲田大学エクステンションセンターでも教鞭をふるう。東京大学、京都大学、九州大学、早稲田大学などでも講演多数。

岩澤智之(いわさわ・ともゆき)
株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズ 代表取締役 CHO
1981 年生まれ。東京工業大学工学部経営システム工学科卒業。2004 年にアビームコンサルティング株式会社に入社。企業戦略立案、業務プロセス改革等のコンサルティング活動に携わる。その後、アビームM&Aコンサルティング株式会社(現マーバルパートナーズ株式会社)に所属し、M&Aを中心とした全社変革業務、企業価値算定業務等に従事。2008 年に株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画。現在は、研修講師としてクライアント企業の人材育成に関わりつつ、同社代表取締役CHOとして社内の人材採用、育成責任者として活動している。執筆協力に『ビジネスデューデリジェンスの実務』(中央経済社)、『企業分析力養成講座』(日本実業出版社)。
目次を見る
第1章 問題解決の手順
問題を見失った人たち
問題解決の手順とは?
HOW思考の落とし穴に気をつける
問題解決の手順を仕事に活かす
よりよい問題解決をおこなうために

第2章 問題を特定する
問題をさがす人たち
問題を特定する意義を再確認しよう
問題の全体を正しくとらえる
問題を適切に絞り込む
論拠をつけて問題を特定する

第3章 原因を追究する
原因をさがす人たち 
原因追究を始めるまえに
因果の構造図で、深く広く掘り下げる
因果を正しく考えられたか確認する
手を打つ場所を決める

第4章 あるべき姿を設定する
あるべき姿を考える人たち
「発生型」と「設定型」の違い
<あるべき姿>を定める
課題を設定し、問題解決をおこなう
環境分析をおこなう

第5章 対策を立案する
対策を考える人たち
優れた対策とは何か
対策案を評価し、実行案を決める
対策を実行に移す際の注意点

第6章 対策を実行する
対策を実行する人たち
すばやく着実にやりぬく
タスクを見える化する
対策の実行をモニタリングする

第7章 結果を評価し、定着化させる
結果を評価し、定着化させる人たち
実行結果を評価する
組織に根づかせ、次の問題解決に結びつける

商品仕様

著者 高田貴久、岩澤智之
サイズ・製本 A5判ハードカバー
発売日 2014/3/7
ISBN 9784862761248