UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか

UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか

販売価格: 1,980円(税込)

お取り扱い中
数量:
IoTとシェアリングは、産業を、企業を、個人を、どう変えるのか?――すべての鍵は、UX(ユーザーエクスペリエンス)にある。今起きている変化の本質と、〈共有型経済のビジネスモデル〉を描出する。  

それが何なのかを明快に語ることはできなくても、
社会に地殻変動が起きていることを誰もが感じている。

テクノロジーの進化と普及、所有から共有への価値観の移行は、
企業のあり方、個人の働き方をどう変えるのか?

GE、ミシュランなどの伝統的企業からUber、Airbnbまでが
ビジネスモデルの中心に据える「UX(ユーザーエクスペリエンス)」とは何か?

「値段が気にならないくらい」身近になったIoTテクノロジーを
自分たちのビジネス、顧客のためにどう活かせばよいのか?

モノ・空間・仕事・輸送の4大リソースを解放する
共有型経済のビジネスモデルを、
日本ロジスティクス大賞受賞の起業家が鮮やかに描き出す。

序章 地殻変動の予兆――世界のビジネスシーンで起きている変化の本質
1章 垂直統制型から水平協働型へ――ビジネスも社会も歴史的転換点にある
2章 あらゆるリソースがIoTでつながる――水平協働型シェアリングエコノミーの到来
3章 UXビジネスにどう移行すべきか?
4章 シェアリングエコノミーを支えるIoT
5章 UX創造のビジネス戦略――リソースシェアリングによる新しいビジネスモデル
6章 UXビジネスの障壁――行政との交渉、働き方の改革
終章 ネクスト・メイン・フィールドへ

[著者]
松島 聡(まつしま・あきら)
シーオス株式会社代表取締役社長。1969年、我孫子生まれ。東京薬科大学薬学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)在籍時に医療流通の複雑さと将来性に気づき、2000年にシーオス創業。医療流通事業を皮切りに通信、小売、メーカーをはじめとする多業種のロジスティクスをデジタル化。日本ロジスティクス大賞など受賞歴多数。AI、IoTなどの技術面とUX(顧客体験)双方を追求した新サービスを生み出し、現在はロジスティクスにとどまらず、企業・個人向けのシェアリングビジネス、スポーツ・アクティビティー事業も牽引。自走式ロボットによる自動マップ作製、ドローンによる自動棚卸、空きスペースの自動認識ほかの研究開発でも注目を集めている。
目次を見る

序章 地殻変動の予兆――世界のビジネスシーンで起きている変化の本質
1章 垂直統制型から水平協働型へ――ビジネスも社会も歴史的転換点にある
2章 あらゆるリソースがIoTでつながる――水平協働型シェアリングエコノミーの到来
3章 UXビジネスにどう移行すべきか?
4章 シェアリングエコノミーを支えるIoT
5章 UX創造のビジネス戦略――リソースシェアリングによる新しいビジネスモデル
6章 UXビジネスの障壁――行政との交渉、働き方の改革
終章 ネクスト・メイン・フィールドへ

商品仕様

著者 松島聡
サイズ・製本 四六判ハードカバー
ページ数 256
発売日 2016/12/7
ISBN 9784862762450