トレバー・ノア 生まれたことが犯罪!?

トレバー・ノア 生まれたことが犯罪!?

販売価格: 1,980円(税込)

お取り扱い中
数量:
「人生は不公平」なんて愚痴を吹き飛ばす涙と笑いの痛快な自伝。渡辺由佳里(洋書レビュアー、エッセイスト)笑いが未来を開き、生きる力そのものになる。茂木健一郎(脳科学者)  

世界は好きなように生きられるーーたとえ生まれたことが犯罪だったとしても

★2018/6/18 クーリエ・ジャポンに翻訳者記事掲載「米人気風刺番組『ザ・デイリー・ショー』のホストは34歳のアパルトヘイト経験者」
★2018/6/16 朝日新聞書評掲載「不条理な現実 笑いで解毒を」
★2018/5/9 書評メルマガ「ビジネスブックマラソン」で紹介
★2018/5/12 日経新聞掲載「社会の不条理を笑いに昇華」

存在そのものが「違法」。毛虫を食べる貧困生活。
壮絶な逆境をユーモアでサバイバルし、アメリカで最も有名な風刺ニュースの司会者になったノア。
「人生は不公平」なんて愚痴を吹き飛ばす涙と笑いの痛快な自伝。
――渡辺由佳里(洋書レビュアー、エッセイスト)

アパルトヘイトの時代に息子を信じ続けた母の愛。
コメディ界のスター誕生の背後にあった感動の実話。
人生最悪の日に起こった奇跡と、絆が育む勇気。
その時、笑いが未来を開き、生きる力そのものになる。
――茂木健一郎(脳科学者)

★ビル・ゲイツ絶賛、2017年「夏のおすすめ5冊」に選出
★NEW YORK TIMES 2017ベストブック
★Amazon.comで50週連続トップ10入り、4776レビュー平均☆4.8の圧倒的高評価! (2018/5/1時点、今も更新中)
★『ブラックパンサー』で注目のルピタ・ニョンゴ主演(母親役)で映画化決定

アメリカで人気風刺ニュース番組「ザ・デイリー・ショー」の司会をつとめる、注目のコメディアン、トレバー・ノア。
「分断」の騒がれるアメリカでユーモアによって新しい風を吹き込む存在として、注目を集めている。
アパルトヘイト下の南アフリカで、彼の人生は「黒人の母と白人の父から生まれた」という犯罪行為からはじまった。

政府の目をかいくぐって暮らした幼少期、生き抜くために上達したモノマネ、悪友たちとの闇商売、モテなかった学生時代の淡い恋……
不条理な状況をユーモアで乗り超えていく母と子の生き様を描いた物語。

--------------------------------------------------

差別や偏見がなくならなくても絶望している暇などない。
笑いのめしてやろうぜ! トレバー・ノアがいるじゃないか。
「世界は好きなように生きられる」ことをたたきこんだ母親。あなたのような人が世界を変えるのだ。
――BOOKSルーエ 花本武

アパルトヘイト期の南アフリカで、黒人の母と白人の父を持つトレバーは、生まれつきどこにも属さない、トレバー自身でしかなかった。
笑えない現実のなかでも、そこ に〈自分〉がいれば、どこでだって生きていける。
――書店「Title」店主 辻山良雄

内容にふれすぎるとネタバレになってしまうけど、言いたくなるなあ、、だって面白いから!
ヒップホップ的な展開含め、どんな逆境でもやっていく力をもらえる素晴らしい本です"
――高木完(ヒップホップミュージシャン、DJ、プロデューサー)

家賃ばっかり上がって、また余計な道路作って、やっぱり石油が必要で、差別はあるし、武器も減らないし、子供が死ぬ。
この不条理な世界で本当に闘っているのはアベンジャーズなんかではなくて、こういう賢いコメディアンたちなんだと深く理解出来る本だと思いました。
――Bose(スチャダラパー)

タフネスとフェアネスとユーモアをもって語られる物語で、忘れ難いおかあさんがでてくる。
過酷な人生についての見事な洞察。ラスト近くでは恩寵のようなものがおかあさんによってもたらされ、それは読む人の心に届く。
――丸善お茶の水店 高橋尚哉

路上で鍛えたタフな知性としなやかなユーモアを武器に、現代アメリカを代表するコメディアンとなったトレバー・ノア。
彼は笑いというマジックで、分断された社会を混ぜ返すトリックスター。
本書はそんな彼の自伝? いえ、彼から母パトリシアへの精一杯の捧げ物です。
どんな権力、差別、怨嗟、暴力にも負けず、高潔さとユーモア、息子たちへの愛も、自身の生き方も失わなかった彼女と、その魂を書き留めようとした息子の思いの強さに、心を強く打たれました。
――久禮書店 --kurebooks-- 久禮亮太

トレバー・ノア大統領を希望します。
何よりも、人とのつながりを保つのは暴力じゃなく、愛だと。
それは愛する人の為に新しい世界を創り出す創造的な行為だと。
想像力が自由に羽ばたくあなたなら、人が求める世界が明確に見えるはず。
――京都大学生協 書籍部ルネ 山下貴史

登場人物の誰もがアパルトヘイトの被害者。
悲惨な環境の中で、法律よりも信念を大切にし「ここだけが世界じゃない」と教える母の愛とユーモアに笑わせられながらも、涙が何?あっても足りない奇跡の物語でした。
――World Theater Project 教来石小織

世界は、矛盾に満ち、清も濁も併せ呑み、手ごわい問題が山積しています。
しかし、それでも前に進む力が、私たちに求められています。
知識に行動力の翼を授けるものをトレバーと彼の母親が教えてくれました。
――手ごわい問題にこそ、笑いとユーモアを。
株式会社グロービス 広報室 本田耕一様

人は出生において何ら罪も落ち度も無いハズなのに、翻弄され、傷つけられた一人の青年の数奇な人生。
誰もが彼のようには立ち上がれないかも知れないが、その生き様は真の共生を求める私たちへの大いなる励ましに満ちている。
――有限会社ときわ書房 ときわ書房志津ステーションビル店 日野剛広

[著者]
トレバー・ノア(Trevor Noah)
コメディアン。1984年、南アフリカで黒人の母と白人の父の間に生まれる。アパルトヘイトだった当時「生まれたことが犯罪」だった。
2015年にアメリカの人気風刺ニュース番組「ザ・デイリー・ショー」の司会に就任。2016年の大統領選ではその切れ味鋭いユーモアで大きな注目を集める。2018年にはグラミー賞のプレゼンターも務めた。

[著者]
齋藤 慎子(さいとう・のりこ)
同志社大学文学部英文学科卒業。広告業界で主に海外向けの企画制作と他国語編集に従事。その後、オーストラリア、スペインで企業内翻訳などを経て、フリーランスの翻訳者。スペイン在住。訳書多数
目次を見る1 走れ
2 生まれたことが犯罪
3 トレバー、お祈りして
4 カメレオン
5 ふたりめの女の子
6 抜け穴
7 愛犬、フフィ
8 父、ロバート
9 桑の木
10 思春期の、長く、ぎこちなく、ときに悲劇的で、いたたまれないことだらけの恋の教訓 その1「バレンタインデー」
11 アウトサイダー
12 思春期の、長く、ぎこちなく、ときに悲劇的で、いたたまれないことだらけの恋の教訓 その2「片思い」
13 色めがね
14 思春期の、長く、ぎこちなく、ときに悲劇的で、いたたまれないことだらけの恋の教訓 その3「ダンスパーティー」
15 いいぞ、ヒトラー!
16 チーズボーイ
17 世間は守ってくれない
18 母の命

商品仕様

著者 トレバー・ノア
訳者 齋藤慎子
サイズ・製本 四六判ソフトカバー
ページ数 408
発売日 2018/5/9
ISBN 9784862762573