旅する遺伝子――ジェノグラフィック・プロジェクトで人類の足跡をたどる

旅する遺伝子――ジェノグラフィック・プロジェクトで人類の足跡をたどる

販売価格: 2,090円(税込)

在庫数 10点
数量:
現代に生きる5人のDNAから明かされた人類の驚くべき歴史にナショナルジオグラフィックが迫る! DNAという歴史文書は、人類の多様性、そして起源の地アフリカから人類がいつ、どのように世界へ広まっていったのかを事細かに教えてくれる。僕たちは全人類の共通祖先、アダムとイブにたどりつくことができるのか? 最先端科学への駆け足の旅へ出発だ!  
あなたはいったいどこからやってきたのか?

現代に生きる5人のDNAから明かされた人類の驚くべき歴史にナショナル ジオグラフィックが迫る!

本書は、ジェノグラフィック・プロジェクトから明かされた人類の移動の歴史について、現時点で明らかになっている事実の全容だ。DNAという歴史文書には、人類の多様性、そして起源の地アフリカから人類がいつ、どのように世界へ広まっていったのか、事細かに教えてくれる。僕たちは全人類の共通祖先、アダムとイブにたどりつくことができるのか? 最先端科学への駆け足の旅へ出発だ!

付録:ハプログループの解説/遺伝学用語の解説
[著者]
スペンサー・ウェルズ(Spencer Wells)
ナショナル ジオグラフィック協会の協会付き研究者であり、ジェノグラフィック・プロジェクトの指揮を執る。1994年にハーバード大学で博士号を取得。その後スタンフォード大学に移り、集団遺伝学者ルカ・カヴァッリ=スフォルツァのもと、人類がいつ、どのように地球上に散らばっていったのかを解明するため、Y染色体を利用した研究に従事。 2003年には、米国PBSとナショナル ジオグラフィックチャンネルによるドキュメンタリー『ジャーニー・オブ・マン:人類の軌跡』の脚本・プレゼンターを手掛け、関連書『アダムの旅』(バジリコ)を著述。ワシントンD.C.で、ドキュメンタリーフィルム制作者の妻とともに暮らしている。

[訳者]
上原直子(うえはら・なおこ)
1971年生まれ。桐朋大学短期大学部芸術科演劇専攻卒業後、英国ローズブラフォードカレッジにて学ぶ。のちに翻訳・演出家である故小澤僥謳氏の元で演出助手を務め、現在は主に戯曲翻訳に取り組んでいる。主な訳書に『オノヨーコという生き方WOMAN』『ヴィジョナリーズ――ファッション・デザイナーたちの哲学』(ブルースインターアクションズ)などがある。
目次を見る

第一章 一街区の物語 商売道具/遺伝子のビッグバン/広がる枝葉 第二章 オディーンの物語-例外 もつれた糸をほどく/チビゲノム/テキストを読み取る/さらに深く/ヨーロッパの遺伝地図 第三章 マーガレットの物語 -ふるさと 住み着いた微生物/デンマークのベドウィン?/追跡/残りの家族/吃音/嵐/遺伝子の系図 第四章 フィルの物語-氷 巨大な木/突然の寒波/ギャンブル/奥深くへ/さらに深く/私たちだけじゃない/一つの家族、さまざまな顔 第五章 ヴィルマンディの物語-海岸 ハチ時計/すべて駄目なら・・・・・・/干草の中の針/内陸部の波/ユーラシアのイブ 第六章 ジュリアスの物語-発祥の地 吸着音/ジュリアスの鑑定/言語の化石/対面のとき/長い待ち時間 第七章 エピローグ 研究チーム/これからの挑戦/謝辞 付録1.ハプログループの解説 付録2.用語の解説 さらに学びたいかたへ

商品仕様

スペンサー・ウェルズ
上原直子
サイズ・製本 四六判ハードカバー
ページ数 280
発売日 2008/10/19
ISBN 9784862760302